自転車で人身事故

車15

皆さんは、人身事故は縁が無いと強く考えている方が多いことと思います。しかし、日々生活をしていると自動車はもちろん、自転車、歩行者にも人身事故に遭遇する可能性があるのです。自動車は、たとえ安全に運転していたとしても、他の自動車が衝突してくることがない訳でもないのです。

自転車でも、音楽を聴きながら運転していて歩行者に衝突することもあるのです。歩行者も、たまたま急いでいて一度の信号無視で自動車にひかれてしまい、命を落とすこともあるのです。今回は、特に自転車での人身事故を取り上げていきます。

自転車の人身事故は、たかが知れているだろうと思いきや、そうでもなく高額の損害賠償が請求されている事例も見られることから、自転車保険というものもあるのです。さて、平成27年6月1日に改正道路交通法が施行され、危険な運転をする自転車に対しての取締りが強化されました。

その背景には、先述のような自転車での人身事故で多額の賠償金額を請求されていることが原因なのです。そこで、自転車保険の加入も義務化させる動きが広まっております。『参考リンク - アディーレ法律事務所 - 交通事故慰謝料

さらに、自転車保険でも今では自転車の安全点検を行った上で一年更新で行う動きもあります。自動車では運転免許証もあり信号無視やスピード違反の違反もありますが、自転車には自動車のような交通規則の違反はなく、人身事故で一度警察に捕まっただけで重過失致死傷罪となります。

そして、裁判も行われることになります。さらに、大切な命を奪うことにもなりかねないのです。それでは、自転車での人身事故について説明していきます。

自転車運転は保険加入