9月 29

自転車運転は保険加入

自転車で起こした人身事故でも多額の賠償金が発生という題名から、このような自転車を運転するものとして心掛けて欲しいことは、自転車保険に加入して欲しいことです。自転車保険の種類として、自転車を運転して転倒したり衝突された場合に活用する傷害保険や、運転をしていて歩行者に傷を負わせた、あるいは自動車や建物を損壊させてしまったという場合に責任賠償の保険があります。

関連サイト・・・交通事故被害者救済サイト|弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故被害で請求できる損害・慰謝料について紹介しています。

そう考えると、自転車に乗るのも怖いと感じるはずです。特に、坂やカーブのある道路の自転車の運転、暑い夏や雪の積もる冬での運転には注意すべきです。また、本人が気をつけていても相手が突っ込んで衝突してくる場合もあります。そこで、突然の飛び出しにも対応できるように、心の余裕も必要です。そこで、安心のために保険に加入するのですが、自転車保険の傷害保険や責任賠償保険に、加入済みの場合もあるのです。それは自動車保険や火災保険、クレジット会社の保険があり、保険内容を見返すと加入している場合もありますので確認を強く薦めます。

このように現代では自転車の人身事故で多額の損害賠償がかかるという事実が知られております。そこで、自転車保険を義務化とする流れが出てきて実施されている地域もあります。少しでも安全な社会になることを切に願います。

9月 14

自転車は時には凶器に

自転車は時には大きな凶器となります。自転車は、道路交通法では軽車両にあてはまります。軽車両にも自動車と同じように運転ルールを守る義務があるのです。そこで、社会人が自転車の運転中に、歩行者と衝突して人身事故を起こし、多額の損害賠償を請求されることもあるのです。このことからも、重過失致死傷罪で懲役あるいは禁固刑5年、あるいは100万円以下の罰金にもなるのです。

このように社会人が罪に問われると社会的信用を失い、職も失い路頭に迷うことにもなるのです。それこそ、人生が崩壊するのです。このことから、自転車で1ついえることは、自転車はスピードが大きく加速される場合がありますので、周辺の歩行者や自動車との距離をよく踏まえた上で、適度にスピードを出して走行することが必要といえます。万が一、そのような意識が少しでもあれば、その社会人は人生の階段を踏み外すことは無かったものだと思います。

さらに、5分早めの余裕を持った自転車の運転を心掛けることも当然ながら重要なのです。以上の2点を踏まえ、自転車での人身事故は再度多額の賠償請求をされることを想定しながら安全運転を心掛けて欲しいものです。安全運転を心掛けると、自分も守られますし、周りも助かることになるのです。

9月 06

自転車事故で人生崩壊

自転車の運転で人生が崩壊してしまうこともあるのです。例えば、皆さんのお子さんが自転車を運転していて歩行者にケガを負わせたり、入院させたりすることで、お子さんの保護者に賠償責任が問われるのです。そこで、裁判などでは5000万円もの高額の支払い請求がされていることは普通となっております。

そのことから、お子さんの時分に起こした自転車事故が元で人生が左右されてしまうことにもなるのです。あの家庭は、過去に大きな自転車事故があり裁判で高額の賠償金を請求されたので、関わらないほうがいいのではないかという事態にもなるのです。保護者である親も、住まいの周りで遊ばせておいただけなのにと考えていても、他人の人生を変えてしまったという事にもなれば、頭が上がらないものなのです。

そこで、先述のように自転車保険の重要性があるのです。また、自動車保険にも自転車保険の保証が付くものもあります。このように、多額の損害賠償が請求されている背景から保険のニーズが高まっています。さらに、お子さんが自転車を運転していて、自動車に衝突してしまったり、建物に衝突したりすることで、大きな損害を生むこともあるのです。そう考えますと、お子さんの自転車運転も軽く見てはいけないものなのです。

8月 19

自転車で人身事故

皆さんは、人身事故は縁が無いと強く考えている方が多いことと思います。しかし、日々生活をしていると自動車はもちろん、自転車、歩行者にも人身事故に遭遇する可能性があるのです。自動車は、たとえ安全に運転していたとしても、他の自動車が衝突してくることがない訳でもないのです。自転車でも、音楽を聴きながら運転していて歩行者に衝突することもあるのです。歩行者も、たまたま急いでいて一度の信号無視で自動車にひかれてしまい、命を落とすこともあるのです。今回は、特に自転車での人身事故を取り上げていきます。自転車の人身事故は、たかが知れているだろうと思いきや、そうでもなく高額の損害賠償が請求されている事例も見られることから、自転車保険というものもあるのです。

さて、平成27年6月1日に改正道路交通法が施行され、危険な運転をする自転車に対しての取締りが強化されました。その背景には、先述のような自転車での人身事故で多額の賠償金額を請求されていることが原因なのです。そこで、自転車保険の加入も義務化させる動きが広まっております。さらに、自転車保険でも今では自転車の安全点検を行った上で一年更新で行う動きもあります。

自動車では運転免許証もあり信号無視やスピード違反の違反もありますが、自転車での違反はなく人身事故で一度警察に捕まっただけで重過失致死傷罪となります。そして、裁判も行われることになります。さらに、大切な命を奪うことにもなりかねないのです。それでは、自転車での人身事故について説明していきます。