«

»

9月 06

自転車事故で人生崩壊

自転車の運転で人生が崩壊してしまうこともあるのです。例えば、皆さんのお子さんが自転車を運転していて歩行者にケガを負わせたり、入院させたりすることで、お子さんの保護者に賠償責任が問われるのです。そこで、裁判などでは5000万円もの高額の支払い請求がされていることは普通となっております。

そのことから、お子さんの時分に起こした自転車事故が元で人生が左右されてしまうことにもなるのです。あの家庭は、過去に大きな自転車事故があり裁判で高額の賠償金を請求されたので、関わらないほうがいいのではないかという事態にもなるのです。保護者である親も、住まいの周りで遊ばせておいただけなのにと考えていても、他人の人生を変えてしまったという事にもなれば、頭が上がらないものなのです。

そこで、先述のように自転車保険の重要性があるのです。また、自動車保険にも自転車保険の保証が付くものもあります。このように、多額の損害賠償が請求されている背景から保険のニーズが高まっています。さらに、お子さんが自転車を運転していて、自動車に衝突してしまったり、建物に衝突したりすることで、大きな損害を生むこともあるのです。そう考えますと、お子さんの自転車運転も軽く見てはいけないものなのです。