«

»

9月 14

自転車は時には凶器に

自転車は時には大きな凶器となります。自転車は、道路交通法では軽車両にあてはまります。軽車両にも自動車と同じように運転ルールを守る義務があるのです。そこで、社会人が自転車の運転中に、歩行者と衝突して人身事故を起こし、多額の損害賠償を請求されることもあるのです。このことからも、重過失致死傷罪で懲役あるいは禁固刑5年、あるいは100万円以下の罰金にもなるのです。

このように社会人が罪に問われると社会的信用を失い、職も失い路頭に迷うことにもなるのです。それこそ、人生が崩壊するのです。このことから、自転車で1ついえることは、自転車はスピードが大きく加速される場合がありますので、周辺の歩行者や自動車との距離をよく踏まえた上で、適度にスピードを出して走行することが必要といえます。万が一、そのような意識が少しでもあれば、その社会人は人生の階段を踏み外すことは無かったものだと思います。

さらに、5分早めの余裕を持った自転車の運転を心掛けることも当然ながら重要なのです。以上の2点を踏まえ、自転車での人身事故は再度多額の賠償請求をされることを想定しながら安全運転を心掛けて欲しいものです。安全運転を心掛けると、自分も守られますし、周りも助かることになるのです。