«

9月 29

自転車運転は保険加入

自転車で起こした人身事故でも多額の賠償金が発生という題名から、このような自転車を運転するものとして心掛けて欲しいことは、自転車保険に加入して欲しいことです。自転車保険の種類として、自転車を運転して転倒したり衝突された場合に活用する傷害保険や、運転をしていて歩行者に傷を負わせた、あるいは自動車や建物を損壊させてしまったという場合に責任賠償の保険があります。

関連サイト・・・交通事故被害者救済サイト|弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故被害で請求できる損害・慰謝料について紹介しています。

そう考えると、自転車に乗るのも怖いと感じるはずです。特に、坂やカーブのある道路の自転車の運転、暑い夏や雪の積もる冬での運転には注意すべきです。また、本人が気をつけていても相手が突っ込んで衝突してくる場合もあります。そこで、突然の飛び出しにも対応できるように、心の余裕も必要です。そこで、安心のために保険に加入するのですが、自転車保険の傷害保険や責任賠償保険に、加入済みの場合もあるのです。それは自動車保険や火災保険、クレジット会社の保険があり、保険内容を見返すと加入している場合もありますので確認を強く薦めます。

このように現代では自転車の人身事故で多額の損害賠償がかかるという事実が知られております。そこで、自転車保険を義務化とする流れが出てきて実施されている地域もあります。少しでも安全な社会になることを切に願います。